フルーツトマトとは?

対面販売をしていたり、出荷に行くと「フルーツトマトですか?」と聞かれる事があります。
またホームセンターやインターネットではフルーツトマトの苗と書いて売られている場合もありますが、フルーツトマトとは「100g中の糖分の含有量が8%以上のトマト」の総称の名で正確に言うとトマトの結果なのです。

したがってフルーツトマトとは大玉トマト・中玉トマト・ミニトマトの大きさにかかわらず100g中の糖含有量が8g以上のものを指します。
※一般的なミニトマトは糖度6g~8gと言われています。

トマトは条件によって味が変わる

トマトは同じ生産者が同じ品種を植えても、植えた季節(春・夏・秋・冬)により味が異なります。
例えば、9月に植えて12月~収穫を迎えるトマトはゆっくりゆっくりと時間をかけ赤くなる為、肥料を吸う時間が長くしっかりとした味わいになります。
逆に5月に植えて7月~収穫を迎えるいわゆる夏トマトは、温度により一気に赤くなる為爽やかな味わいになります。

また収穫段数や植えてから育てている時間の長さでも、まったく違う味になります。
もし対面販売や生産者直売所で生産者とお話しをする機会がありましたら「今収穫何段目ですか?」と尋ねてみるのも面白いと思います。

もしその生産者のトマトをご購入される時に「1段目」「2段目」など収穫間もないトマトなのに美味しいと感じられた場合は、生育時間が長くなり収穫段数が上がるに連れ、もっともっと美味しいトマトになる事間違いなしです。

PAGE TOP